Copyright(C) 2017 TOKEI KAIUN LTD. All rights reserved.

事業内容

船主・船舶貸渡事業

国内主要造船所に船舶を発注し、外航船舶を保有。

国内・海外主要用船会社との友好な関係を保ち、長期、中期の用船契約を締結して船舶を貸し渡しします。

船舶は傭船先の船会社の指示のもと、コンテナや鉄鉱石・石炭・穀物などのばら積み貨物の国際海上物流に従事しております。

船舶管理部門

自社保有船舶の大半の安全・環境に配慮した国際規準(ISM Code)に基づく安全管理システム適合証書を取得し、保全管理・運行管理を自社で行い、貸渡先の船会社のニーズに合わせて、安全で効率的な船舶の運航に努めております。

会社概要

商号     東慶海運株式会社

所在地    愛媛県今治市中堀4丁目219-1

       Tel 0898-41-6611

       Fax 0898-41-6053

資本金    1,800万円

設立     1964(昭和39)年11月12日

従業員数   20名

役員     代表取締役相談役 長谷部安俊

       代表取締役会長  長谷部圭治

       代表取締役社長  長谷部哲也

取引金融機関 広島銀行、愛媛銀行、伊予銀行、みずほ銀行

​加入団体   日本船主協会、全日本海員組合、日本海運集会所

主な取引先、関係先

造船所      今治造船、三井造船、三菱重工業、

         ジャパンマリンユナイテッド、

         サノヤスヒシノ明昌等

用船者      日本主要用船者:日本郵船、商船三井 他

         海外主要用船社:Maersk、d'Amico Dry,                                               Cargill International 他

海上保険会社   東京海上日動、三井住友海上、損保ジャパン、

         リード保険サービス、

         日本船主責任相互保険組合、UK P&Iクラブ

​商社・ブローカー 三井物産、東洋船舶

​弊社の歩み

戦前            越智郡波方町波方で、初代長谷部義春が創業、機帆船を所有

1953年(昭和28年) 3月  長谷部安俊(現 相談役)が事業を継承

 

1964年(昭和39年)11月    東慶海運株式会社設立。長谷部安俊代表取締役社長就任

1965年(昭和40年)    内航鋼船竣工

​1969年(昭和44年)    外航貨物船竣工

1974年(昭和49年)    外航324個積みコンテナ船 "Asian Princess" 竣工

              以降、コンテナ船、ばら積み船を中心に事業拡大、船型大型化

1982年(昭和57年)    日本郵船用船550個積コンテナ船竣工

1997年(平成 9年)     川崎汽船用船Panamaxばら積み船竣工

2001年(平成13年)    商船三井用船5900個積コンテナ船竣工

2006年(平成18年)    日本郵船用船ケープサイズばら積み船竣工

2008年(平成20年) 9月   現社屋(今治市中堀)移転

​2014年(平成26年)12月     長谷部哲也代表取締役社長就任

東慶海運現社屋外観